teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


五つの泉の物語が終わって

 投稿者:良子  投稿日:2010年12月21日(火)20時43分56秒
返信・引用
  半年間の稽古皆さんお疲れさまでした。今年の暑さにまいったよ・・良く頑張ったよ、同時進行のように一年間歯科治療に通院したが、納得の行く治療が出来ずにいました。予約を入れて何時?で待っていると携帯が鳴る、期間中の私の携帯は問い合わせやらで鳴りっぱなしでした。治療中もぶぶぶ・・とマナーモード。最悪は歯か医院で待つと携帯・・・大至急来て下さい。何回キャンセルしたか?あれやこれやの・・・まるで一人芝居状態でした。私の歯は見た目で判断をすると「いやみ」先生出っ歯のような歯になりまして、今の私はストレスの固まりになりました。笑うことが出来ないと言う事がどれだけ体に良くい無いか・・ミュージカル公演が終わったら絶対に別の歯科医院に行こうと思っていました。仲間もそう言ってくれました。今は見た目よりも話をする時に発音が旨く出来ない事が一番の悩みです。何故ならば私の取得はお喋りですから・・・・。でも今も同じ歯科医院に通っています。看護士さんが皆さん良い人なんです。
五泉市は水が美味しい所です。菅名岳はブナの原生林が豊かな水源になって、私たちにいつも美味しい水を提供してくれています。高橋正圀さんは五泉市民にとても素敵な物語を二作書いてくれました。五泉市民の宝が出来ました。高橋先生も五泉の水を気に入ってくれました。特に地酒はとても喜んでくれました。何と言っても水の宝庫ですから美味しいお酒が出来ます。寡黙な先生はひたら盃を持って美味しいと言って呑んでいた顔を忘れられません。いつまでもお元気で「脚本」執筆活動を楽しんで下さい・・同じ年より。
 
 

藤田かすみさん

 投稿者:やじメール  投稿日:2010年 7月29日(木)11時47分36秒
返信・引用
  もう10年以上前ですが、東京で藤田かすみさんという人と偶然にも出会う機会がありました。
日本女子体育大学で舞踊何とか・・・っていうのをやってると。
当時某大学ラグビー部だった私は、藤田の目標に向かう、強く、まっすぐな意思にひそかに感動し、同じ年の女性ながらも尊敬と憧れ(これくらいまっすぐな人間でいたいと)抱いた門でした。
私自身は結婚をし、故郷の鹿児島に住んでいます。たまたまでしょうが、カミさんも元ダンサーです。子育てに忙しいカミさんに何か打ち込めるような、ダンスのイベントはないだろうかとネットをさまよってる内に、「藤田かすみ」と言う名前を思い出しました。そうしたらここに行き着いたわけです。やっぱり自分の道を迷わず進んでいたのだと、また強く刺激を受けました。
なんだか懐かしく、しかし新鮮な、素敵にいい気分になりました。
 

CD

 投稿者:jing  投稿日:2009年 5月 3日(日)11時33分3秒
返信・引用
  CDが完成しました。
工場入稿が4月23日でしたので5月20日に完成の運びとなります。
ジャケットは堀内氏の写した早出川とチューリップ咲き乱れる写真が間に合いました。写真を2枚表紙に飾り、タイトルは「生きている故郷」故郷を歌おうとあります。
曲は全部で10曲、メインは「生きている故郷」「花言葉のワルツ」「昔なぞなぞがあった」「自慢節」合唱とメロディーの入ったカラオケ、そしてBGM用に2曲の計10曲。
みなさんの一生懸命の歌声が響きます。心のそこから故郷を思う気持ちが十分伝わってくるものです。
お疲れ様でした。
 

(無題)

 投稿者:jingメール  投稿日:2009年 4月27日(月)03時38分59秒
返信・引用
  なんやかやと編集をしていると色々ことに気づき出し、写真の件名前の漢字ミス・・などで遅れをしだした。
それでも15日を目指すも結局24日まで伸びてしまった。
28日に校正。
さていつごろに出来上がるのか・・・15日ころかなあ。乞う御期待!
5月中旬に間に合うか否か?
 

音源編集奮闘中

 投稿者:jingメール  投稿日:2009年 4月10日(金)02時42分10秒
返信・引用
  合唱の編集の難しさが今体中に染み渡っています。
録音を終えてあの日の夜中東京に戻り、早速聞いてみました。
おそらく皆さんの最高のできばえだったと思います。
一つの声にまとまりながらもよくよく聞くといわゆる中心に鳴る声がない・・。
ここが難しいところです。
しかし、全体としてよくまとまりました。
子供たちの声はかわいらしくてよかったですね。
ジャケットやインデックスの編集も矢継ぎ早にやっています。
地味ながらユニークな合唱団でした。
15日を目安に工場に入稿します。
お楽しみに

http://jingmusic.org

 

CDを作ろう

 投稿者:jingメール  投稿日:2009年 3月23日(月)18時52分4秒
返信・引用
  久しぶりに練習を覗いてきて感じたこと。部屋が奇妙に暑かった。
テンポが奇妙に速かった。
声が奇妙に上ずっていた。
合唱は呼吸も息遣いも歌詞の解釈も一つの塊になって表現しなくてはなりません。
とても声はきれいになったんだけれど、もう一歩です。ぐあんばりましょう

http://jingmusic.org

 

歌の仲間に入れていただきありがとうございます

 投稿者:kao  投稿日:2009年 3月15日(日)19時10分29秒
返信・引用
  3月3日「五つの泉の物語」CD作成のための練習に参加させていただいた茂野です。
12月ミュージカルを鑑賞しましたがとても感動しました。
テーマ・舞台装置・演技・踊り・音楽とどれも素晴らしかったです。
終演後の皆様の達成感・充実感を鑑賞した者まで共有できました。
音楽CDを作るお話を志賀さんからお聞きし是非仲間に入れていただきたいなと思いました。
歌練習初日皆様が積極的に歌っていらっしゃるのにビックリしました。
私は舞台には立っていなかったので皆様の足をひっぱると悪いと、12日村松合唱団の小澤さんと一緒に森先生宅でレッスンしていただきました。
声を出す練習ができて良かったです。
素晴らしいCDに収録できますよう練習頑張ります。
これからも宜しくお願いします。
↓は私が仕事している店です。さくらんど会館近くですからどうぞお立ち寄りくださいませ。

http://fujita8.web.fc2.com/

 

ブログ

 投稿者:jingメール  投稿日:2009年 2月14日(土)13時28分18秒
返信・引用
  高橋正圀先生が五泉に初めて到着した日の様子をブログにアップしました。
jing cafeにどうぞ

http://jingmusic.org

 

Re: CDを作ります。委員会より

 投稿者:jingメール  投稿日:2009年 2月14日(土)11時21分25秒
返信・引用
  > No.36[元記事へ]

良子さんへのお返事です。
良子さんお元気そうで何よりです。
江戸は昨夜の春一番以来文字通り春の気候になってきました。これからが怖いのです。
花粉です。僕はスギ花粉症候群は15年くらい前から発症してます。
いつもブラジルに行くんですよ、この時期は。
今年は6月まで動けないので、6月のフェスティバルに行くことにしました。
一緒に行きたい方は申し出てください。行き先はサンパウロのアルカディア「ユバ農場」です。タダシ帰りは自力で帰ることが条件です。
もう一つの条件は24時間のフライトに耐える覚悟ですね。(最近はエコノミーも楽ですがね)17日のCD制作作戦会議が楽しみです。
4、5曲を考えています。「生きている故郷」「なぞなぞ」「花言葉」「自慢節」「この町」(この曲は余裕があったら・・)5曲入りますが、CDにはカラオケバージョンと楽器演奏バージョン(BGM用)が入ります。ので結構な曲数になります。
「生きている故郷」「花言葉」の2曲にハーモニーを付けました。皆さんの練習の量を考えて簡単なハーモニーですから御心配なく。
先日松田さんから心温まるお手紙をいただきました。感謝感激です。ライブには仲間の皆さん50人で押しかけますとうれしい内容でした。
図書館は220人が定員です。お早めにチケットの入手を。
僕たちは2月5日に三軒茶屋「ムゲン」での定期ライブをやりました。23日に練習を兼ねたリハライブをやり新潟に望みます。70年代のロックンロールありラテンありのコンサートになると思います。みんなでワイワイやりましょう。

http://jingmusic.org

 

感染列島・言いたい放題です

 投稿者:良子  投稿日:2009年 2月14日(土)11時07分50秒
返信・引用
  金曜割引と聞いてナイトタイムで見て来ました。もしや和尚に会えるのでと・・分からんかった。でもいるんです、これから見る人は探して見て下さい。
北風から暖かい風に変わり「春一番」の便りが聞こえて来ました。私の子どもの頃は新潟の過去の歴史の中でも大雪と言うと、玄関の前は雪で作られた階段を下りて入ったものでした。よくも一晩でこんなにも降るのだと思うくらいでした。2月の今頃は道路も交通麻痺で車は動けずの状態でした。学校は休みになりましたが、社会人となって、ある冬のこと、雪のため電車が見通しが立たずになって、これ幸いと電話で休暇届けを出しました。「それは大変ですねと休暇受理しました」真面目な人はいるんです、雪の中を2時間歩いて出社した人がいました。それにその人は障害をもっている人だったからなお更に、翌日上司に怒られました。今はそれも昔の思い出話になりました。グローバルに起きている異常気象、地球温暖化も我々、人間が作ったものです。古文書を読むと水を求めての諍いがありました。隣村との諍いは何処にでもあったことと記されていました。水は生活をする上で無くてはならないものですから、町が栄えた所には必ずや川があり大河があります。北前舟もそれでしょう。新潟湊は栄えたのです。今では地球規模で起きている、エネルギー戦争・宗教戦争が起きています。昨日の感染列島ではないが武器を使わなくてもそれより恐いウイルス(病原菌)が列島に・・地球に蔓延したらもっと恐いです。ウイルスも生きています。人間が勝つか滅びるのはどっちだでは無く、森羅万象、生きとし生けるものが全てに感謝をして生きることが自分に出来る一番身近な優しい言葉ではないでしょうか。「感謝・有り難う」
 

レンタル掲示板
/5