teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:8/95 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

PCでゲームをやろう月間(その1)

 投稿者:まいどぉメール  投稿日:2004年 2月 6日(金)21時08分31秒
  通報 返信・引用
   元々ネット用として買った事と、ローンが終わってなかった事、搭載メモリが384MBであまり余裕がなかった事、などからこれまでPC用ゲームソフトは購入対象外(一応ウィズ#8があるけどあれもかなり厳しかった)だったんだけど、後ろ二つの制限が解消されたのと年明けてすっごいヒマだったので手を出してみた。
 とは言え、18禁のしか置いてないんだよなぁ。(苦笑)
 他のもあるにはあるけど、大戦略や信長なんてPS2で安く買えるし、PCでアクションなんてやる気起きんし、そもそもそんな堅苦しい物は気分的にノれなそうだし、って事で必然的にエロな装いの棚へと足を向けざるを得なかったのですよ。( ̄▽ ̄)<ヲイ
 で、最初に買ったのが。

☆『永遠のアセリア』
 幼い頃の奇跡の代償に異世界に召喚された主人公が、その世界の軍勢を率いて戦う戦術シミュレーション・・・か?
 何も考えずに箱の雰囲気だけで買った物なので、駄目だったら駄目で良し、と覚悟完了した状態で始めたんだけど予想外に面白かった。と言うか、タイトルキャラのアセリアに激しくツボを突かれてしまったり。(笑)
 SLGとしては容易、と言うよりスパロボ並。戦略SLGのように拠点と拠点を街道が繋いでるんだけど、敵も味方もその線上を1ターンに一歩ずつしか移動出来ないんで、ラインの交わるとこに隊をまとめて来る奴押し潰してけば誰でもクリアできる。
 戦闘システムが変わってて、最大三人一組の四隊までしか編成出来ない(SLGとしては少なすぎるな)が、その三人が配置された位置によって攻撃、防御、支援の役割を担い、その役に応じたスキルを使用する。敵もそれは同じなんだけど、敵は初期配置のままフォーメーション固定なのに対してこちらは戦闘開始前に配役変更とスキルの改編ができるので、後出しジャンケンのノリで必勝の態勢を整える事が出来るとゆー。(苦笑)
 ここの四頭身キャラが良く動いてて、そのまま家庭用に持ち込んでも結構いけるような気もした。

 話的には割と普通。戦闘の主力になってるのがエーテルで体を構成され神剣と共に生まれてくる「スピリット」と呼ばれる妖精で、エロゲ的根拠からか(爆)その全員が美少女揃いと言う点が特異と言えば特異か?
 敵キャラも女の子な上にフルボイスなので、倒されて消えていく時の台詞がすげー後味悪かったりするが、それが主人公の葛藤(殺し合いはしたくないが、殺らなきゃ殺られる)ときっちり噛み合ってて良い味付けになってたかと。

 このゲーム最大の欠点としては、三時間以上ある序章で力尽きかけた、絵柄が統一されてない、義妹ウザい(爆)の三点になるかねぇ。
 主人公は幼い頃に両親を亡くし、引き取ってくれた新しい親も飛行機事故で亡くし、二番目の親の実娘だった義妹と二人暮らし。主人公召喚に巻き込まれ一緒に異世界にやってきた義妹は、主人公を戦闘奴隷に仕立てる為の人質としてそこの王族に囚われの身。
 割と定番な話だし、作中の言動もそんなに激しくヘンなとこはないんだけど、何か妙に鬱陶しいと言うか折角の義妹キャラなのに萌えないと言うか。(笑)
 設定年齢15歳なのに見た目は完全に幼女なとこに、サクラ4時点のアイリスに感じたような歪さを感じてしまったのかも知れないなぁ。(’’)

 何にせよ、良いゲームなんじゃないかな、とは思う。
 最初は義妹の事で手一杯で自分の先行きすら見通せなかった主人公が、最後にはこの戦いを通じて知り合った人々を守る為に死ぬよりも過酷な選択をし、その苦しみから主人公を守る為にヒロインも同じ道を選ぶと言う展開は、『永遠のアセリア』と言うタイトルに相応しい物であったと思ったし。

~その2へつづく~
 
 
》記事一覧表示

新着順:8/95 《前のページ | 次のページ》
/95