teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:5/95 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

映画三昧なこの頃

 投稿者:まいどぉメール  投稿日:2004年 5月 6日(木)22時18分17秒
  通報 返信・引用
   二月の『ロード・オブ・ザ・リング~王の帰還~』から始まって、3月に『イノセンス』4月に『CASSHERN』と『アップルシード』と、毎月のように映画観に行ってたりします。この後も『スチームボーイ』や『ハウルの動く城』や『キューティハニー』等の面白そうな作品が邦画洋画を問わず目白押しで、新作追ってるだけで一年楽しくやってけそうな勢いです。(笑)

 で、以下軽く感想を。

☆『イノセンス』
 既に伝説となった『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』以来の押井監督ファン、と言うか信者と呼ぶのが相応しい状態にある私は、原作の再現度がどうとか話の内容がこうとかは全く問題外。「押井守の映画である。」ただそれだけでどんな物も全肯定出来てしまいます。<ヲイ

 雑誌等の紹介文や一部感想サイトなどでは難解とか哲学的とか言われてますが、はっきり言って押井守とは思えないぐらい分かり易い映画です。監督得意の幻想の繰り返しで虚実の境界をあやふやにし、観客を煙に巻く手法は今回も健在なのですが、そのどれもがきちんと現実に帰還し、最後には事件すらしっかりと解決してしまうと言う状態。
 一皮剥けたとゆーか。余裕があるとゆーか。
 監督の趣味が誰に憚る事なく大・全・開・!されてるとゆーか。(笑)
 あまりにらしくない(思い切り趣味に走ってるのに普通の人にも分る映画になってる。何故だ!?(爆))作りに、「あんたのやり口はお見通しだぜ!」とか思ってたこちらの思考を、完全に読み切られてしまったような不安すら感じてしまいました。( ̄▽ ̄;;

 話の内容は、原作一巻に収録されているエピソードを基にしているのですが、原作二巻や1.5巻として発表された未収録短編集からも様々なネタが取り込まれ、けれど単なる継ぎ接ぎではない一本筋の通った物語となっており、押井風味の味付けに拒否感が無いなら原作ファンもニヤニヤしっぱなしなんじゃないでしょうか。<つか、原作ファンでもあるのでニヤニヤしっぱなしでした。

 映像技術も凄いです。プロダクションI.G.と言えばサクラシリーズのアニメパートを担当しているスタジオですが、この映画を見ればI.G.が本気で作ればどんな絵が出来るかが一目で分ります。
 或いは、血潮で使われてたアニメがどんなにショボイ代物なのかが、はっきり理解出来ます。(爆)

 とにかく、必見、と言っておきましょう。

☆『キャシャーン』
 賛否両論激しくぶつかり合ってますが、「過去に前例の無い映画」と言う点ではどちらも納得出来るのではないでしょうか。
 とにかく映像が凄いです。監督がプロモーションビデオ畑で腕を磨いてきただけあって、数分のPVでしか使われないレベルの絵が延々二時間以上続きます。誰か止める人いなかったんでしょうか?(爆)
 ストーリーは映像に負けず劣らず饒舌、と言うか過剰説明の塊なんですが、その割りに中身が全く無いとゆー超絶技巧が炸裂しまくってます。(^^;
 いや、一応主題となる物もあるにはあるんですが、それを言うには十年もしくは二十年遅い上に中学生の主張みたいな内容なんで、「今更そんな分かり切った事言われてもなぁ。つーか青いよ。」としか思えず、観てて苦笑するしかありませんでした。(人によっては激怒するみたいです。)

 けど不思議と惹き付けられる物を感じるのは、映画としての完成度はどうであれ、監督が本気でこの作品を作っている事がしっかりと伝わってくるからでしょうか。
 例え陳腐で古臭い主題を下手な見せ方していても、その物を創る者としての熱意、熱さ、真摯さに、心躍る物があったのも確かです。

 美麗CGを売りにし始めたFFがゲームに与えた功罪と同じ物を、この映画は映画業界(特に特撮界)に与えるかも知れません。それが良い物か悪い物かは別として、この先に生まれてくる何かを楽しみにしたくなる。
 個人的にはそんな映画でした。

☆『アップルシード』
 絵は良いんだけどねぇ・・・。
 お話が全然ダメ。
 同じ士郎正宗原作でイノセンスを観た後だったのもあるけど、原作エピソードの再現度はこっちのが上なのに、原作のニュアンスは全くと言って良い程反映されてない。
 ウケ狙いの甘っちょろい恋愛話やっても良いけど、原作でこれはあり得ない、って部分が多すぎるのはどうしたもんだか。ヒロインに銃突き付けて長台詞吐く余裕あるなら、反撃の間も与えず問答無用で確保するのが原作だろうに。(;´Д `)

 続編の制作が決まったって噂をどっかで見たけど、続きやるなら脚本家すげ替えるのは必須だと思うぞ。(滅)

 とりあえずこんなとこで。
 ではまた。
 
 
》記事一覧表示

新着順:5/95 《前のページ | 次のページ》
/95