teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:24/160 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

飲食店のチャネル

 投稿者:南山城村商工会  投稿日:2012年 3月13日(火)15時15分59秒
  通報 返信・引用
  飲食店のチャネルはいくつ?


マーケティングの考え方の一つに「チャネル」という考え方があります。
いわゆるあのテレビの「チャンネル」のことです。


飲食店の収益は店舗に来ていただいて、食事その他をしていただき、レジ
で会計、その金額から経費を差し引いたものを利益としてる店がほとんど
です。


ここでいうチャネルとは飲食以外の収益のことです。


そこで飲食店の店舗での飲食以外の収益源はどのくらいあるのかを考えて
みます。


1,テイクアウト
  いわゆるお持ち帰りです。
2,店舗販売による物販
  よく、レジ横に置いてあるおもちゃやドレッシングなどです。
3,デリバリ
  宅配です、近年この宅配事業が大きく伸ばしています。
4,ケータリング
  訪問店舗です、これは一人で店舗を持たずにすることもあれば店舗
  を構えている店から派遣することもあります。
  ここも大きく伸びています。
5,通販(リアル)
  カタログなどを通じての物販です
6,Web通販
  ここが一番伸ばしているところです
  国内のみならず海外にも売ることはできるはずです。
7,コンサルティング
  儲かっているコンセプトをもって他の店のコンサルタントをするこ
  とも可能です。
8,海外進出
  これは海外での出店のことです。
  ここも大きなとらえ方ではチャネルの増加になります。
9,教室・学校
  技術を教えるということも考えられます。
  ここはこれから大いに伸びる分野でしょう。
  たとえば基礎教育は専門学校でやったとしても専門分野に関しては
  現場で、お客様のいる場をつかって教育するという方法です。


ざっと考えてもこれくらいはすぐに出てきます。
店舗にあるレジだけが売上げを集めるところではありません。

もっともっとたくさんあります、飲食店を通して収益を上げる方法は。
これからの飲食店はこの「チャネル」という概念を頭に入れながら運営
したものがより大きな幸せを手に入れるのではないかと感じています。


 
 
》記事一覧表示

新着順:24/160 《前のページ | 次のページ》
/160